早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~植栽が泣いている~ 2012年5月31日

植栽が泣いている

 

 早朝清掃リポート ~植栽が泣いている~

ツツジの花が散り歩道脇の植栽は、新芽で鮮やかなみどりを楽しませてくれる。剪定の手抜きをしても、自然は許してくれているかのようだ。しかし、度が過ぎ ると怒りをあらわにする。住民の善意が届く場所は、植栽の根元までも落ち葉が処理され美しい。放置されているところは雑草が主役になり、植栽は跡形もなく 追放されている。見苦しい。

 

街のロケーションを美しくするために整えられた緑も、行政の怠慢によりここまで醜くなる。やがて雑草が歩道にまで蔓延り、人間の歩く道を狭くしている。区 役所にはそれなりの担当部署があるだろうに、せっかくの植栽が朽ちるまで放置するほど無関心なのか。ささやかな善意は残念ながらすべてを美しくするほどの 力はない。

 

今朝はトヨタコース。相変わらず落ち葉が多くゴミ拾いも簡単ではない。バス停や駐輪場など全員で掃除しているが、すぐに落ち葉で側溝が埋まってしまう。街 路樹や植栽の剪定を丹念に施せば、大半は解決するのに放置されている。行政の怠慢を責めるのは好まないが、少しは街の美観維持に関心を持つべきではない か。市民の善意にも限りがある。

 

 

 早朝清掃リポート ~植栽が泣いている~