地域清掃

通学路清掃リポート ~新学期で雰囲気が変わる~ 2012年5月9日

新学期で雰囲気が変わる

通学路清掃リポート ~新学期で雰囲気が変わる~

初夏だというが午前7時20分には気温が20℃を超える。女性は日焼けを気にしながらの清掃時期に入る。落ち葉や花びらが雑草の中にもぐっており、思いが けず時間を取られた。そのため予定の範囲に届かないうちに時間終了。新人が多いだけによほど気を配っていないと、掃除が小さくなる。とろい、気が利かな い、周りが見えない。

 

掃除をするからにはきちんとした取組みが必要だ。委員長の指導力に期待。子どもらの登校時間がゆっくりだ。何となく元気がない。ピカピカの一年生のはしゃ ぐ姿がみられない。学校によってはこうも違うものか。先週の学校は十数名の教師が通学路を掃いていた。こどもらと元気よくあいさつを交わしていた。登校時 間も早い。どこが違うの?

 

フェンス下の雑草を取ればよいのだが、残念ながら人数と時間に制約がありそこまでは行き届かない.このあたりは学校の責任だろう。日々手入れをしておけば ここまで繁殖しない。もう一つ奇異に感じたのは、車で登校する教師が無言であること。さすがにクラクションは鳴らされなかった。気を配りながら掃除をしな いと邪魔をするようになる。

 

新年度になると良くも悪くもがらりと雰囲気が変わる学校がある。その場合はたいてい校長が移動している。良い方に変わればいいのだが、雑草が増えるようでは推して知るべしだ。すべてが子どもたちの学校生活に影響してくる。

 

 

通学路清掃リポート ~新学期で雰囲気が変わる~