早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~アサガオ復活の兆し~ 2012年7月26日

アサガオ復活の兆し

 

心ない区役所の作業員たちに首を切られたアサガオは、しぶとく復活の兆しを見せている。アサガオの樹Ⅰ(写真①)は首を刈られたが新しい芽を出し復活中。 Ⅱ(写真②)は根こそぎやられ復活ならず断念。Ⅲ(写真③)はてっぺんまで届き、Ⅳ(写真④)は完全に枯れて茶色になったが、移植が成功して青い蔓が茶色 の蔓を凌駕し始めた。

早朝清掃リポート ~アサガオ復活の兆し~

Ⅴ、Ⅵ、Ⅶ(写真⑤⑥⑦)は、それぞれ順調にてっぺんを目指している。心ない人間はいつの世もいるものだ。文句を言ってもキリがない。1本は諦めたが残り の6本は秋には百花繚乱の「アサガオの樹」に育てたい。連日の暑さは今日も変わらず、午前7時の気温は28℃、湿度は88%と高い。今朝は西コース。飲料 水が良く売れるようだ。

早朝清掃リポート ~アサガオ復活の兆し~

ペットボトルや空き缶が、いたるところに投げ捨ててある。できれば拾い易いところに捨てて欲しいが、植栽の中に突っ込む人が多い。「捨てるな!」の看板は 効き目がないから「捨てるときは道端に」とでも書いて欲しい。ゴミを見て警察や区役所に電話するより、拾う方が簡単に片付く。「ゴミが捨ててある」と電話 すればどのように対応するのか。

 

意地悪なようだが一度看板の電話番号にダイヤルしてみたい。ゴミ捨ては犯罪とかいてあるから、パトカーが出動するのかもしれない。