トイレ磨き

落合中学校 第10回ピカピカボランティア 2012年7月7日

落合中学校 ピカピカボランティア ~活気溢れるピカピカ活動~ 2012年7月7日

毎年7月に開かれる落合中学校の「ピカピカボランティア活動」が10年目を迎えた。学校の自主的活動として10年も続くのは珍しい。そのうちトイレ磨き活動は6年目になった。マルコシの社員を中心とする「地域を美しくする会」がお手伝いをしている。恒例の「公園トイレ磨き」を済ませて駆けつけた。午前7時から10時までの長丁場。


社長は28年前、2年生まで同校に在籍していた。3年から新設の口田中学校に代わった。当時は番長として手に余った記憶がある。数年前、この学校は荒れていた。問題が起きたことも一再ではない。一昨年辺りから雰囲気がよくなった。あいさつができる。ゴミがなくなった。履き物が揃ってきた。生徒、保護者、教師を含めて300名が参加。


昨年と比較すれば倍増である。加えて毎年卒業記念トイレ磨きをしている落合東小学校の学区内でもあり、顔なじみの生徒もいる。「み(身だしなみ)そ(掃除)あ(あいさつ)じ(時間を守る)」活動も定着しており、学校教育はよい方向に進んでいる。トイレ磨きの他に、草取り、溝浚え、落書き消し、駅清掃などが加わる。幸い雨も止み活動に支障はない。

私は1班のリーダーを与えられたが、いつもに増して厳しく接した。毅然とした態度で臨むと従ってくれる。便器磨きのフォームからスポンジ、たわし、雑巾、サンドメッシュの使い方をキチンと伝えた。最初は臭いに腰を引いていたが、最後には積極的に取り組んでくれた。その姿勢から教育環境は整ったと受け止めた。全員が頑張ってくれた。

CIMG8298_copy_copy_copy