地域清掃

通学路清掃リポート ~静かな校門~ 2012年8月1日

静かな校門

通学路清掃リポート ~静かな校門~

今朝の気温は27℃、湿度は70%。今日も猛暑日間違いなし。金本リーダーから掃除朝礼で注意があった。「暑さに負けないように。清掃に参加するメンバー がこれ以上減らないように」。現実問題として掃除の範囲と時間が決まっているから、担当場所、作業の種類など気を使う場面が増えてくる。いつもは両側から 進めるが、北側から一斉にスタート。

 

夏休みで子どもの姿が見えないから静かなのは当たり前だが、あらてめて子どもの存在の大切さを実感する。「おはようございます」の声が聞けないと掃除の疲 れが増す。車の通行量は変わらないから、側溝の砂は7週間分が堆積している。雑草よりも厄介な代物だ。スコップで土嚢袋に入れる作業は、半端でない汗の流 出を伴う。出番はない。

 

教師らはぼつぼつ出勤してくるが通学路清掃には無関心のようだ。掃除が終わった8時頃には早くも真夏日に。今日も夏らしい快晴の一日になりそうだ。現場の 進行具合も暑さの影響を受けていると言う。朝の暑さくらいに愚痴を言っては罰が当たる。ミストシャワーか涼を誘って来客にも好評だ。本日は生涯学習・プラ スワンステージ。

 

 

通学路清掃リポート ~静かな校門~