地域清掃

公園清掃リポート ~夏休みの後始末~ 2012年8月25日

夏休みの後始末

掃除用具を積んだ金本リーダーのトラックが縁石に乗り上げた結果、タイヤが宙に浮き動かなくなった。通り掛かりのご夫婦が「公園をきれいにしてくる人たち だよ」と話しながら押してくださり、事なきを得た。今朝の気温は28℃、湿度は78%。風は爽やかだが暑さは厳しい。参加メンバーは10名。掃除五訓のう ち「心を磨く」を三島さんが担当。

 

公園清掃リポート ~夏休みの後始末~

 

金本リーダーより「夏休みで公園のゴミが増えてる。きれいに拾ってください」。お菓子の空き箱や飲料水のボトルなど土嚢袋に四つ。落ち葉や抜いた雑草など は、ゴミを除いて植栽の根元に還す。公共広場の掃除に終わりはないが、地域の人たちの関心をどうやって高めるか、これからの課題。犬の糞を当たり前のよう に流されると釈然としない。

 

公園清掃リポート ~夏休みの後始末~

 

この公園は有効に使われているかどうかは分からないが、あまりにも広すぎる。人数が多くないから掃除の範囲はアプローチの歩道、トイレ周辺の遊歩道、トイ レ、便器磨きに限られる。10人が一時間たっぷり汗を流しても、遠くの雑草や落ち葉には届かない。きれいに使えと看板に書いてあるが、それだけで済むほど 住民の意識は高くない。