地域清掃

通学路清掃リポート ~雑草の中を登校~ 2012年9月26日

雑草の中を登校

学校側の通学路は比較的きれいだが、向かい側までは気が回らないようだ。猛暑の名残りの背の高い雑草が茶色になっている。(写真①②)誰も気が付かない か、気がついても手を掛けないのか。きれいに刈り取ると、こんなにも美しい通学路に変身する。(写真③)誰かがやると決まってはいないが、気が付いたもの がやるしかない。まだ残っている。

 

通学路清掃リポート ~雑草の中を登校~ 

写真①

 

通学路清掃リポート ~雑草の中を登校~ 

写真②

 

通学路清掃リポート ~雑草の中を登校~ 

写真③

 

教師の出勤は早い。校門脇の箱にはベストやタスキ、それに掃除用具も置いてある。出勤したら薄いグリーンのベストを着て箒とちりとりを持ちスタート。中に はタスキを掛けて校門に立つ教師もいる。日頃から慣れているのか動作は素早く手際が良い。子どもたちの登校も早いが、あいさつの少ないのが気に掛かる。無 言で背中を通り過ぎる。

 

通学路清掃リポート ~雑草の中を登校~ 

 

要所には交通安全の見守り隊が目を配っている。中には手をつないで保護者が校門まで送り届ける。今週の土曜日は運動会が開かれる。秋晴れが続いているから にぎやかに子どもの歓声が上がるに違いない。孫が二人通学している。当日は東京から一番の新幹線で帰広し、午後、孫たちの奮闘振りを楽しむ。参加人数が少 なめで10分遅れの終礼。