地域清掃

通学路清掃リポート ~先生が総出で~ 2013年1月9日

先生が総出で

「頭が回れば尾が回る」というが、まさにその通り。現場に到着したときすでに、校長が箒とちりとりを手にして校門の周辺を掃除していた。子どもたちはぼつ ぼつ登校を始めている。教師も追随する。子どもたちとの「おはようございます」は、晴れの朝に相応しい。終了する頃にはピンクのエプロンをまとった10数 名の教師も出動していた。

 

通学路清掃リポート ~先生が総出で~

 

まさに「頭が回れば尾が回る」の格言どおり。少子化を微塵も感じさせないにぎやかな校門風景が生まれる。バス通りだけに側溝に砂粒が多い。丁寧に掃いて集 める。グレーチングにはタバコの吸殻や紙屑が詰まっている。一つひとつ外して取り除く。掃除も隅々まで行き届くと、新しい感じの通学路に生まれ変わる。元 気な子どもたちに似合う。

 

通学路清掃リポート ~先生が総出で~

 

8時の終礼は通学路脇で行うが、子どもたちも前を通り過ぎるから姿勢を正す。掃除を始めるとき、掃除をするとき、掃除が終わったとき、それぞれのシーンに 一本の筋が通っていなければ、よい景色にならない。バスの窓からも、歩く人も見ている。その緊張感が掃除の質を高めていく。たかが掃除、されど掃除、小さ な行いこそ大切にしたい。

 

通学路清掃リポート ~先生が総出で~