地域清掃

通学路清掃リポート ~雪の予報が外れ~ 2013年2月6日

雪の予報が外れ

大雪注意報が出て平野部でも10㌢の積雪と報じられ、早く起きて雪除けの覚悟をしていた。ところが、昨夜来の雨は午前5時に上がり、予想外の晴れとなっ た。気温は5℃と暖か。学校現場に着くと早くも校長ほか1名がちりとりと箒を持って動いていた。子どもらの姿はまだ見えず、学校周辺は静かである。見た目 は通学路はきれいだが…。

 

通学路清掃リポート ~雪の予報が外れ~

 

立春を過ぎたせいかアスファルトの隙間から、たくさんの雑草が芽を出している。校門の周辺は特別丁寧に草取りをして掃いた。手箒では及ばないほどきれいに なる。大きい子どもの登校が早い。みんな体格がよくランドセルにセミが止まっているようだ。大きい子どもはあいさつがとてもいい。背を向けていても相次い で後から声を掛けてくれる。

 

通学路清掃リポート ~雪の予報が外れ~

 

校門のところで校長に向ってピアニカを演奏する生徒がいた。見慣れないが微笑ましい光景だった。登校する子どもが集ってくる。この学校の校門はいつも和や かな空気に満ち溢れている。校長が一歩踏み出せば学校は変わる。他の教師も出迎えてくれれば、さらに賑やかになるだろう。孤軍奮闘というところか。しか し、そのうち賛同者が現れる。

 

通学路清掃リポート ~雪の予報が外れ~