地域清掃

通学路清掃リポート ~校長先生の姿が見えない~ 2013年10月23日

 校長先生の姿が見えない

台風27号が本土に接近中。鉛色の雲に覆われた。午後から明日にかけて雨の予報。伊豆大島を再び台風が直撃するとさらに悲劇が重なりそうだ。いつもなら現 場に到着したときは校門に立っておられる校長先生の姿が見えない。出張なのか、病気なのか、心配する。見慣れた光景がないと何となく落ち着かない。子ども たちを迎える人影はない。

 

通学路清掃リポート ~校長先生の姿が見えない~

 

青い雑草が姿を消し、秋色の草が根を張っている。雑草を除く手間は見た目以上に掛かる。いまきれいにしておけば大半は春まで眠る。絶対量が少ないだけに、 予想を超えて掃除の範囲が広がり子どもたちにきれいな通学路が提供できる。一人だけ立ち止まり踵をそろえて「ありがとうございます」と丁寧にあいさつして くれた。校長先生の代り?

 

通学路清掃リポート ~校長先生の姿が見えない~

 

最後までたれも校門で子どもたちを迎える姿はない。無言で校門を通過する光景はなんとなく侘しい。交通指導員やサポーターの姿も見えない。同じ地域でも学 校によっては随分違う。校長先生が先頭に立つと学校全体が大きく動く感じがする。12月になるとローテーションで再び清掃に回るが、賑やかな校門風景が復 活してくれると嬉しい。

 

通学路清掃リポート ~校長先生の姿が見えない~

 

子どもたちはみんな元気だ。「おはようございます」の声に張りがある。近所のみなさんからも積極的に声が掛かる。