地域清掃

公園清掃リポート ~姿の見えない善意~ 2014年1月25日

 姿の見えない善意

地域の公園のトイレ磨きを始めて5年になるが、荒れ放題のまま変わらぬ公園あり、生まれ変わる公園ありといろいろだ。本日は玖第五公園。この公園は少しス タートが遅れ4年を経過したところだが、かつての面影がないほど美しくなった。地域の佐藤さんは欠かさず参加してくれるが、参加する度に変貌する様がたま らなく嬉しいという。

 

公園清掃リポート ~姿の見えない善意~

 

そのおかげで短い時間だが毎日ごみ拾いや雑草抜きを続けているという。荒れ果てた公園が憩いの場所へと見事に変身した。私たちの掃除は8週間に一回だか ら、劇的に変わるほどの手は加えていない。佐藤さん以外にも誰かが掃除をしている。しかし、奥床しいのか善意の人は姿を見せない。役所は下請けが見回って ハンコを押すだけという。

 

公園清掃リポート ~姿の見えない善意~

 

トイレはもちろん周辺もきれいになったし、トイレを使う人も丁寧である。周辺の道路の草取りや清掃もしているがそれだけではない。砂場も柔らかくなってい るし、滑り台の下の地面も均してある。大きな公園なのに広場もきれいだ。かつての面影はどこにも残っていない。善意の人というものは己の行為をひけらかせ ないものだ。すばらしい。

 

公園清掃リポート ~姿の見えない善意~

 

公園は手入れや掃除をする人が増え、使う人が後の人のことを考えて使えば自ずときれいになる。8週間後は春真っ盛り。覚悟を決めてしっかり雑草を抜く準備をしたい。

 

公園清掃リポート ~姿の見えない善意~