地域清掃

通学路清掃リポート ~きれい、きれい~ 2014年2月26日

きれい、きれい

いつものように通学路を清掃してると、教務主任の先生から「雨の日はゴミが取りにくいけどどうすればいいですか」と話しかけられた。12年も通学路清掃を しているが、あいさつをされることはあっても掃除の方法について質問されたことはない。先生の掃除に取り組む真摯な姿勢が伝わって嬉しかった。一人でも熱 心な先生がいれば必ず変わる。

 

通学路清掃リポート ~きれい、きれい~ 

 

この学校の通学路はゴミ一つないほどきれい。先生たちの掃除が毎日であることを示している。多くの子どもたちは通学路がきれいなのは当り前と思っているだ ろう。先生たちの除をする姿も、学校付近の風景に溶け込んでいるに違いない。さりげない日々の光景が、子どもたちに与える影響は大きい。登校時の歩く姿や あいさつに反映される。

 

通学路清掃リポート ~きれい、きれい~ 

 

バス道路であるため側溝には砂が溜まっていたが、最近ははるかに少なくなっている。したがって埃も立ちにくい。今朝はグレーチングを中心に掃除した。さほ ど多くはないがタバコの吸い殻や落ち葉、それに土埃が泥化したものが詰まっている。先生たちの掃除が行き届いている分、更に隅ずみまできれいになる。理想 のきれいをきれいにする形。

 

通学路清掃リポート ~きれい、きれい~ 

 

これまで時間内に予定の掃除を終えるのは難しかったが、少し時間を余すことさえ出来た。子どもたちのあいさつは元気がいい。揃いの黄色い安全帽子も可愛い。その原点は掃除に熱心な女性の教務主任さん(名札で確認)にありそうだ。

 

通学路清掃リポート ~きれい、きれい~