地域清掃

公園清掃リポート ~再び寒波が~ 2014年3月22日

再び寒波が

何とも目まぐるしい天気の変わりようでびっくり。暑さ寒さも彼岸までとやっと春の到来かと思いきや、再び寒波が来襲して車の窓を凍らす。気温は1℃。いい 加減にしてもらいたいものだ。身の回りも春の到来を信じて準備を済ませた。外れるから予報なのだろうが、もう少し正確を期してもらいたい。本日の公園清掃 は療養中の東田さんを除き全員参加。

 

公園清掃リポート ~再び寒波が~ 

 

○○公園には人生講座のメンバーである佐藤小百合さんが欠かさず参加。佐藤さんは自宅から公園付近のゴミ拾いを続けている。時には理不尽な大型ごみが放置 してあったり、公園内の不備などを区役所に依頼して解決している。最近の対応はいいらしく、市民の動き一つで地域は快適になると遣り甲斐を実感している。 公園はそこそこに整い始めている。

 

公園清掃リポート ~再び寒波が~ 

 

最近は子供の利用が増えているとメンバーの平見さんのお話。高齢者のグランドゴルフが減ったせいらしい。子どもの利用増は歓迎だが、高齢者の活動が減少す るのは気がかりだ。すべての世代が生き生きしてほしいもの。トイレはいつものように三島さん、椋田さん、田畑さん、佐藤さん。後のものは外周の草取りと清 掃、ゴミ拾いに従事する。問題はある。

 

公園清掃リポート ~再び寒波が~ 

 

公園が広すぎて達成感に乏しいところ。ある程度広く浅くではなく作業を絞り、やった! というところが目に見えるようにすると、利用者の気づきが増えるよ うな気がする。公園の状況を見てリーダーが的確な指示をすることで可能になる。それにしても今朝は冷たかった。素手によるトイレ磨きは痺れたのではない か。来週こそ暖かくなって欲しい。

 

公園清掃リポート ~再び寒波が~