地域清掃

公園清掃リポート ~地面は茶色のカーペット~ 2014年4月19日

 地面は茶色のカーペット

今朝の気温は13℃。昨日の雨が嘘のように爽やかな朝を迎えた。コンビニで朝食用のおにぎりを8セット求め、公園に早めについた。第2公園では熟年者たち がラジオ体操で身体を動かしている。第1公園に入って驚いた。公園内は茶色のカーペットに敷き詰められ、まるで晩秋の景色と見紛うばかり。公園の中央にあ る2本の樹が季節外れの落葉を始めた。

 

公園清掃リポート ~地面は茶色のカーペット~

 

本日の参加者は10名。トイレ磨き要員が4名、6名が茶色を緑に変える担当者になった。ラジオ体操を終えたグループが通りかかり「悪いね、素通りしにく い」「そうなら是非立ち寄って…」などとジョークのやり取りで、結局は素通り。和気藹々がトイレをきれいに使い、公園内のゴミを減らす。間接的な清掃活動 と言えなくもない。その効果は大きい。

 

公園清掃リポート ~地面は茶色のカーペット~

 

掃除はあくまで手段で目的ではない。快適な環境を地域の人に提供するのが役割。誰か気が付いた人がやればいい。会話を楽しむゆとりもなく黙々と取り組む。 簡単ではないが1時間の集中は快い。最年長82歳の三島清一さんは、トイレ磨きを終えて落ち葉の処理へ。決して年齢は若いと言えないが、動きは溌剌として いる。ラジオ体操の知人からも称賛あり。

 

公園清掃リポート ~地面は茶色のカーペット~

 

久しぶりたっぷり1時間掃除に取り組んだ。季節のせいもあるかもしれないが、きれいになった公園を眺める顔はみんな穏やか。やはり誰かの役に立つ行いは、心を和ませてくれる。

 

公園清掃リポート ~地面は茶色のカーペット~