地域清掃

通学路清掃リポート ~校長先生にご挨拶~ 2014年4月23日

 校長先生にご挨拶

今朝は出勤が午前5時と早かったせいもあるが、久しぶりに定位置で日の出を拝むことができた。朝日を全身に浴び礼拝すると気持ちが洗われる。本日は定例の 通学路清掃日。既に箒を持って通学路に立たれる校長先生にご挨拶、新任の教頭先生もご紹介いただいた。今年は新しく着任された先生たちは14名、6名の増 員になったそうな。ご苦労が多いだろう。

 

通学路清掃リポート ~校長先生にご挨拶~ 

 

すでに学校側の歩道は掃き終わっており、縁石付近の草取りに専念した。目立たないうちに処理しておかないと根を張って難しくなる。雑草専用の鎌を使って根 こそぎ処理をしておけば、次回は大幅な時間短縮になる。校長先生は磊落な感じで印象がよい。昨年も先頭に立って範を示され、先生たちの箒を持つ手も板につ いていた。あいさつも声が大きかった。

 

通学路清掃リポート ~校長先生にご挨拶~ 

 

新学期になって初めての通学路清掃だが、何となくこれまでとは雰囲気が違う。新任の先生が通学路清掃や街頭のあいさつに慣れていないせいかもしれない。子 どもたちから「おはようございます」が届かない。大きな声で積極的に声を掛けるのだが、反応がきわめて薄い。半数以上の子どもは返事をしない。原因はよく 分からないが、前はもっと賑やかだった。

 

通学路清掃リポート ~校長先生にご挨拶~ 

 

昨年はあれだけ出来ていたのに不思議だ。ということはあいさつしていた子どもがしなくなったということ。子どもたちの中に入っている見守り隊の人たちも反 応が薄い。校門であいさつする先生にも素知らぬ顔で通り過ぎる子どもも少なくない。普通は一旦止まってお辞儀し中に入る。おそらく校長先生は変化に気づ き、改善の手を打っておられるだろう。

 

通学路清掃リポート ~校長先生にご挨拶~