地域清掃

通学路清掃リポート ~校長先生が変わったのかな?~ 2014年5月14日

 校長先生が変わったのかな?

「ここまで来て掃除してるの! びっくりした。次回からは手伝うから」。生涯学習のメンバーである〇〇さんは学校の近所に住んでおられる。手箒とちりとり 持参で駆けつけられた。次回からメンバーが一人増える。しかし、良く考えると掃除活動が地域に認知されて、人間が本来持っている公徳心を形にするまでには 途方もない時間が掛かることが分かる。

 

通学路清掃リポート ~校長先生が変わったのかな?~

 

通学路清掃は昨日や今日始めた訳ではない。すでに15年も7週に1度掃除をしている。チラシもポストインしているし「フォーラム」にもスケジュールを公表 している。それぞれ個人が内包している善意を目覚めさせ、形にする活動は辛抱が何より大切。顔は向けても一歩前にはなかなか進めない。焦らない、そのうち たくさんの人が子どもたちのために動く。

 

通学路清掃リポート ~校長先生が変わったのかな?~

 

校長先生らしき人から朝のあいさつをいただいた。初めて見る顔だから新任の校長先生だろう。掃除が終わってあいさつをしようと振り返ったら、すでに姿が消 えていた。子どもたちは元気よく登校してくるが、校門の付近は寂しい。先週の学校では新任の校長先生が自ら名乗りを上げ、丁重に謝辞を述べられた。学校に よって処し方にずいぶん差があるものだ。

 

通学路清掃リポート ~校長先生が変わったのかな?~

 

通学路清掃リポート ~校長先生が変わったのかな?~