早朝清掃リポート

朝清掃リポート ~善意の翁に会う~ 2014年6月26日

善意の翁に会う

久しぶりの西コース。梅雨の晴れ間を喜ぶ人もあるが、ゴミ拾いに朝の陽ざしはきつい。おまけに風もない。3週間ぶりだから雑多なゴミが捨てられている。手抜きの罰として甘んじて受ける。自転車通学の高校生たちは相変わらず元気がいい。新入生も慣れてきたのかあいさつがはっきりしてきた。このコースには3つの公園がある。チェック。

2014.6.26soutyou (1)

①子どもたちの遊具の周りには雑草が1㍍の高さに伸びている。これではブランコは使い辛い。ベンチ周りにはそばにゴミ袋が掛けてあるのに煙草の吸殻や空き缶などが散乱していた。②ゴミを拾っている善意の高齢者に出会った。この公園は竹箒を始め掃除用具が整えられている。子どもたちが夜遅くまで騒いでいるが、朝早くから掃除をしている。

2014.6.26soutyou (3)

自分たちの憩いの場は自分たちで整えると言っておられた。とても嬉しい。誰かの善意があってこそ公園はきれいになる。③前回のとききれいに整えられており感動したが、雑草は休まず活動している。少し伸びているが支障はない。ゴミはゼロだった。公園にはそこに住む人たちの細やかな善意によって整えられている。公に依存していると乱れてくる。

2014.6.26soutyou (7)

今朝のゴミは大量で重かった。ほどほどにしてもらいたい。

■本日の五七五
 「陽を浴びて 善意の翁 ゴミ拾う」