地域清掃

通学路清掃リポート ~頑張るアサガオ~ 2014年10月8日

頑張るアサガオ

茎が茶色になってアサガオももう終わりかなと思っていると、空中に頑張って咲いている。中輪のアオと小輪のシロが楽しませてくれている。アサガオの樹を7 本育てたが、そのうち3本は役割を終えた。今週はパンジーを餓えはじめようと思っている。チューリップの球根も植えなければならない。楽しみでもあるが、 春の訪れを待つ気持ちがちがう。

 

通学路清掃リポート ~頑張るアサガオ~

通学路清掃リポート ~頑張るアサガオ~

 

校長先生が一人で通学路を清掃中。他の先生の姿が見えないのが寂しい。掃除は仕事のうちにはいっていないそうだが、そう四角四面に考えるとぎくしゃくす る。子どもたちに美しい通学路を提供するという思いがあれば、また1日の始まりも違うのではないか。もともと教師なのだが、最近では大半が教員感覚で教育 者とは違うらしい。子どもたちは元気だ。

 

通学路清掃リポート ~頑張るアサガオ~

 

全体が比較的きれいなのと雑草の姿が見えなくなった。校長先生の日ごろの努力が実を結んだのだろう。きれいだとよりきれいにできる。さらに広範囲にもでき る。その分だけ学校周辺は美しくなる。学びの環境を整えれば、朝の授業は内容も充実するはずだ。たかが掃除でしかないが、掃除は子どもたちのあいさつを活 性化する。出会いが雰囲気を変える。

 

通学路清掃リポート ~頑張るアサガオ~

 

■本日の五七五

 「底抜けの ひんやりの朝 秋本番」