早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~寒波居座る~ 2015年2月6日

寒波居座る

一段と冷え込みが厳しく、白木山は雪化粧をしている。西の方の山も白い。依然として寒波は居座り、今朝の気温は当たり前になった○℃。夜明け前から空を眺めていると、面白いように変化する。本日は青空が広がりそうだ。今年になって西コースのゴミ拾いをしていない。入院中の空白がありメイン通りを優先したため、時間的に回る余裕がなかった。

 

2015.2.6soutyou (1)

 

川端は気温が低い。そのため投げ捨てられている湿ったティッシュなどは化石状態になっている。それが芝生にくっついているから取れにくい。タバコの吸殻もみんな凍っている。久しぶりに回る西コースは随分景色が変わり、別世界のように感じる。その分だけゴミの状態が変わり手間取ってしまう。公園の入口に2ヶ所、タバコの吸い殻が捨ててある。

 

2015.2.6soutyou (3)

 

余りの多さに口をあんぐり。腹を立てても仕方がない。丁寧に一つずつ拾うしか手はない。立ち話をしながら捨てるのかも知らないが、それにしては数が多すぎる。まとめて処分したものではない。いつも犬の散歩をしている熟年婦人がサギの生態を報告してくれる。いろいろな交流も生まれて面白い。バス停で出会う別嬪さんたちも今年初めてのご挨拶。

 

2015.2.6soutyou (2)

 

 

■本日の五七五

 「北窓を 開き正面に 白い山」