地域清掃

公園清掃リポート ~心地よい風~ 2015年4月18日

心地よい風

思いがけず気温が下がり昨日より5℃も低い11℃だが、頬を撫でる微風は初夏を感じて心地よい。霞んで太陽はぼやけているものの昨日に続いて快晴である。こんな朝は後が怖い。本日は平見さんを除いてフルメンバーの参加。訃報による生活の急変に打ちひしがれていた椋田さんもカムバック。帯状疱疹で苦労をしている佐藤さんも元気いっぱいの参加。

 

2015.4.18kouen (4)

2015.4.18kouen (1)

 

トイレ数がが少ないので担当は4名、公園の外回り清掃2名、公園の内側の掃除が4名、剪定が1名と決められた。これでも十分といえず剪定する植栽は全長300mある。用具、人員とも圧倒的に足りない。結局、出入り口3ヶ所の周辺を剪定することになった。公園は馬鹿でかいが周辺地域の人口が少ないから善意を期待するのは難しい。雑草がはびこる。

 

2015.4.18kouen (2)

2015.4.18kouen (5)

 

こうした面積のアンバランスな公園は、民間に売却してマンションでも建てたらよかろう。使う人がいないから荒れるという悪循環だ。ローテーションの8週間先はどうなっているやら。腰の重い役所は期待できないが、人が少ないから地域の善意も続かない。佐藤小百合さんは帯状疱疹による体調不良を克服して頑張っている。老老介護の日々は楽でない。

 

2015.4.18kouen (3)

 

■本日の五七五

 「ひんやりの プレゼント添え 風渡る」