地域清掃

公園清掃リポート ~見捨てられた公園~ 2015年5月16日

見捨てられた公園

本日は田畑さんが欠席。晴天と雨天が交互に訪れると、かくも植物は成長するのか。まさに公園は荒れ地と化していた。植栽も雑草も伸び放題。おそらく8週前の掃除以降、業者のハンコは押してあるが手を入れた形跡はない。責任の範囲は知らないが、これでは市民の広場とは言えない。一義的には所有者である行政の責任だ。少しは税金を使って欲しい。

 

2015.5.16kouen (2)

 

多くの公園は市民の善意で整えられているが、市民の協力はあくまでも自発的な善意によるもの。行政は現地を巡回、かつ確認して必要な手を打つべきである。私たちの公園清掃は8週間に一度であり、活動時間と量は十数名の一時間に過ぎない。行政が放置するのなら、住民に呼びかけて善意の力を借るしかない。行政の所業は恥以外の何者でもない。糾弾!

 

2015.5.16kouen (1)

 

トイレ磨き、周辺の草取り、落ち葉かき、周辺の清掃、アプローチの植栽の剪定、ボランティア活動では残念ながらこの程度しかできない。行政がやらないのなら、それでも構わない。心ある市民の善意を借りて使える公園にするまでだ。腰の重い議員たちは己が暮らす地域の実態にはまるで無知だ。役立たずの行政、動かない議員たち、迷惑を被るのは市民だ。

 

2015.5.16kouen (3)

 

■本日の五七五

 「若葉萌え 荒れ放題の 広場見る」