地域清掃

公園清掃リポート ~草伸び放題~ 2015年5月9日

草伸び放題

またしても天気予報にはなかった小雨。掃除の邪魔になるほどではないが、合羽は必要だ。掃除はしにくいし、雨具の後始末も必要。どうせなら本格的に降る方が良い。掃除の仕方も変わる。広い公園の雑草など放置しておくと手の付けようがなくなる。小さいうちに除去すれば何でもないのに、無関心でいると公園は憩いの場ではなくなる。持て余す存在。

 

2015.5.9kouen (3)

 

本日は江原さんが腰痛で不参加。新人の村田君が自分が気付いた掃除の意義と取り組む心構えについて述べた。物怖じしない堂々たる発言で好感が持てる。長老たちのトイレ磨きグループに入れてもらった。三島さんに手とり足とり指導してもらっていた。全体のゴミ拾い、周辺の雑草始末、トイレの近くの整理、出入り口の植栽の剪定など手分けして行った。

 

2015.5.9kouen (4)

 

それにしても住民の無関心はどうしたことだろうか。新しい市会議員が誕生しても何も変わらない。せめて生活の周辺は自分たちで整えてもらいたい。小さな心がけと実践の継続で公園のみならず、町全体が生まれ変わる。町内の善意で整えられた公園は地域にいくつもある。公に頼ることを否定するものではないが、公園くらいは住民自治で整えたいものだ。

 

2015.5.9kouen (2)

 

■本日の五七五

 「荒れ広場 雑草に差す 立夏の陽」