早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~久々の豪雨~ 2015年6月26日

久々の豪雨

南九州の方には申し訳ないが、穏やかな広島地方は久しぶりに豪雨の一日が始まった。側溝の雨水は勢いよく流れ、ゴミなどをキレイに洗い流してくれる。本日は雨につき女性陣は室内の清掃、男性陣は屋外のゴミ拾いを担当する。それでも事前清掃は全員が雨具を着てともかく掃く。雨の日くらいは休めばいいのにと忠告する人もあるが、例外は設けない。

 

2015.6.26soutyou (4)

 

ゴミ拾いといっても無計画では効果は上がらない。他の人と重複しないコースを決める。折り返し点の時間を決める。足の運びを一定の速度に保つ、などなど、ゴミ拾いといえどもいい加減では務まらない。日頃から雨降りを想定して自分のコースを決め、リーダーの指示を仰げば無駄がなくなる。たかがゴミ拾いだがすべてがビジネスの習慣に繋がっている。

 

2015.6.26soutyou (3)

 

本日は昨日休んだ西コースを回った。あちこちに水たまりがあり、心ないドライバーが溜まり水をぶっ掛けて通り過ぎる。元気のいい高校生は帽子も被らず傘も差さず元気いっぱいで自転車をこぐが、びしょ濡れになるのに着替えを用意しているのかと心配する。もう少し降れば川のゴミが消えるのだが、それがいいことなのかどうか。河口の何処かに溜まる。

 

2015.6.26soutyou (1)

 

 

■本日の五七五

 「梅雨仕舞い 最後っ屁なのか 川溢れ」