地域清掃

通学路清掃リポート ~教師の姿見えず~ 2015年5月13日

教師の姿見えず

今朝も早朝より植栽の剪定を済ませて通学路清掃に参加した。現地では真亀在住の田畑さんが、街路樹の根元に密生している雑草をぬいていた。至るところで地域の人達が雑草を処理している姿を見て嬉しくなった。雑草はまだ小ぶりではあるが、継ぎ目に密生している。もう一週間もすると簡単に処理できなくなる。自然の営みは人間の常識を超えている。

 

2015.5.13tuugakuro (2)

 

他の学校に比べて登校時間が遅いものの7時40分を過ぎる頃から続々子どもが姿を現す。あいさつも大きな声で淀みがない。大人は子どもたちに見習うことが多い。校門脇のミニ花壇が整備されていた。残念ながらきれいなのはそこだけ。至るころで雑草は伸び放題だが、何とかならないか。校門で出迎える教師の姿は見えない。子どもらは無言で通過。

 

2015.5.13tuugakuro (3)

2015.5.13tuugakuro (4)

 

通学路清掃は正味35分だが、この学校では教師の姿を見ることはない。子どもらも校門で出迎えてもらえばあいさつも出来る。会話も交わせる。教師と児童のコミュニケーションは良くなる。折角の機会を生かせないのは惜しい。教師たちが出入りする裏門も掃いておいた。8時過ぎ予定のコースは終了したが教師の姿を見ることはなかった。田畑さんに感謝

 

2015.5.13tuugakuro (1)

 

 

■本日の五七五

 「朝日浴び 無人の校門 くぐる子ら」