地域清掃

通学路清掃リポート ~素晴らしき光景~ 2015年6月9日

素晴らしき光景

私たちの通学路清掃は午前7時25分に現地到着と決めている。掃除朝礼を終えるとすぐ掃除に取り掛かる。おおむね学校周辺の通学路すべてを掃除するのだが、雑草しだいでは制限時間内で収まらないこともある。すでに15年も続けているから社員の掃除技術はレベルが高い。用具の種類、使い方、掃除フォームなど図抜けている。他社の追随を許さない。

 

2015.6.10tuugkauro (3)

 

本日は落合小学校。私の判定では地域ナンバーワン。実例を挙げる。校長先生の朝が早い。私たちが到着したときは既に箒を手に掃いている。幼稚園の先生も同じ。さらに男性教師が加わる。児童の登校が早い。あいさつが正しい。かかとをつけて大きな声で「おはようございます」、そしてお辞儀する。すべての児童に校長先生が褒めながらあいさつを返す。

 

2015.6.10tuugkauro (1)

 

まことに美しくしかも元気いっぱいの朝の光景だ。子どもたちには美しい通学路を歩かさねばならない。その道を用意するのは大人の責任だ。子どもは美しいものを見れば美しいものに似て育つ。子どもの教育は屁理屈ではない。大人のよい行いを見せることだ。先頭に立つ落合小の校長の姿はまことに美しい。私たちの通学路清掃の願いをカタチにしている。

 

2015.6.10tuugkauro (2)

 

■本日の五七五

 「通学路 箒持つ手の 美しさ」