万縁の会

中田宏[横浜市長] 木原伸雄[志路・竹の子学園塾長]特別対談その1

トピックス

今年7月29日の参議院選挙による参議院の与野党逆転、9月12日、安倍首相の突然の辞意表明など、日本の政治はさながら乱世にある。しかし、乱世は収拾しようとする力が働く。そうして混乱が収まった後、日本の舵をとる指導者に関しては、いろいろな名が取沙汰されるが、決まって名前が挙がる人物が幾人かいる。元衆議院議員の中田宏・横浜市長もそのうちの一人である。

その中田市長の政治活動を支援する『万緑の会』。全国に支部があるが、全国で二番目の会員数を誇るのが、広島支部(代表幹事・木原伸雄マルコシ代表取締役)。同支部では毎年、中田市長を招き、『広島懇談会』を開催している。

毎回大盛況であるが、今年は10回目という記念すべき年ということで会の威信をかけ、PRしたところ、開催日の8月25日、会場となったリーガロイヤルホテル広島に大勢の人が詰めかけた。

開催当日は最初に中田市長が現在、横浜市で取り組んでいる改革をテーマに講演。内容は横浜市だけでなく、他の地方自治体でも通用するもので、メモを熱心にとる姿が多く見受けられた。講演会後の質疑応答ではさまざまな質問が出され、中田市長は一つ一つの質問に丁寧に答えていたが「中田市長の国政復帰」を求める質問に関しては、内容が内容だけに明確な返答は避けたが、会員たちが寄せる期待の大きさはしっかり伝わったに違いない。

続いて行われた交流会では、広島の伝統芸能・神楽が披露され、その煌びやかさと圧倒的な迫力に中田市長をはじめ、出席者は圧倒されていた。また、四択形式のクイズ大会も行われ、雰囲気を盛り上げた。さらに、9月20日が中田市長の誕生日ということもあり、1カ月近く早いが、出席者一同はバースディーケーキで喜びを分かち合った。

 

写真中田宏・横浜市長を囲んで、
木原伸雄[万縁の会・広島代表幹事](左)
丸山正信[万縁の会・本部代表幹事](右)

集合写真交流会『中田宏さんを囲む楽しい集い』の出席者一同による記念撮影