研修リポート

新入社員研修 「商人の自己啓発」① 平成24年10月4日(木)

「商人の自己啓発」①

本日のアドバイザーは金本さん。第三部の「商人の自己啓発」入り、お題は「商人は蟻の如くつとむべし」。最近のニュースからピックアップ。ダイエットをしたら家賃が下がる話。話材としては今風で面白かった。1キログラムのダイエットで家賃が1000円安くなるそうな。トレーニングルームあり、講座あり。忍耐心を鍛えるお菓子コーナーも。

 

4百字リポートは「生まれ変わる紙芝居」。観客と感動を供する大切さ、満足を得る大切さなどが伝わってきた。まとめ方が簡潔になり、伝わりやすくなった。長足の進歩だと受け止めた。リポートのまとめ方が良くなると、つれて話し方も上手になる。図らずも持論を実証してもらったカタチになった。感動の共有は利益に繋がるという。

 

蟻は正しい道理に合った虫である。一日中働き続ける。②不時に備え貯える。③独占せず分け与える。④道理に適った生き方をしている。反面教師として蜘蛛が引き合いにされた。蜘蛛の生き方は間違っているという前提で、①計略を用いて商売をしない。②法律の盲点をついてはいけない。③意図して人をだまさない。④世間の人を苦しめない。

 

商人たるもの①利益を独り占めにしない。②他にも利益を与える。③他に損をさせない。④約束は守らねばならない。商売は一生懸命取り組めばやさしくなるというが、「一生懸命」とはどうゆうことなのかなど掘り下げた。四字熟語や二字熟語の意味を掘り下げる大切さを伝えた。五つの質問については、金本アドバイザーが分かりやすく解答した。