研修リポート

小学校四年生に理解できるか 平成22年11月17日(水)

小学校四年生に理解できるか

初めての経験であるが中途採用の杉本くんに対して、新卒と同じカリキュラムで研修を進めている。Pat1は「経営計画書」の理解、pat2で新入社員研修に使った「基本心得」、pat3「商人の心得①~⑮」でビジネスマンの書し方を伝える。先週金曜日は花壇整備でお休み、今週月曜日は横浜出張で続けて休講になった。申し訳ない。

 

「基本心得」では「経営計画書」の研修と重なる部分が多く、復習する形でまとめながら進めた。①働く目的、②仕事に取り組む姿勢、④けじめの理解、⑤健康、⑥人間関係。ビジネス会話Ⅰ、ビジネス会話Ⅱ、職場のエチケット、電話のかけかたの4項目は、自習と日常業務で理解するよう指示した。社会人の経験を有していることの信頼による。

 

研修は前半75分、休憩15分、後半75分で進めているが、テキストを朗読しポイントをまとめる。各項目とも同じ要領。それぞれ考え方の分析や言葉の具体的裏付けまで求めるから、一問一答も簡単には進まない。慣れていないこと、切り口の違いから難儀をするのも無理はない。各駅停車を承知で詰めないと単なる雑談に終わってしまう。

 

研修の目的は半年後に一人前の営業マンに育てるところにあるから、一つ一つ切り刻まなければ実践の役には立たない。最大のポイントは「お客様に伝えたいことを、小学校四年生に理解出るようまとめる」にある。自分にだけ分かる伝え方では商談が前に進まない。本番はこれから…。