研修リポート

新入社員研修 「商人の自己啓発」⑤ 最終回 平成24年11月8日(木)

「商人の自己啓発」⑤ 最終回

毎年新卒を採用して研修を行っているが、基本研修、商品研修、商人研修を続けているが、最近はなかなか最後まで行き着かない。いろいろな事情や思いはあるだろうが、なぜか途中のリタイヤが続いている。研修担当としては責任があり、見の細る思いがする。本日が最後の新人研修だが、2名でスタートし1名が途中であっさり消えた。

 

「商人研修」は15回のカリキュラムだが、そのうち14回は山田智恵さん1人を相手にした。毎週3回の研修を行っているが、そのうち新人だけの研修は1回。早朝の過酷な清掃を克服しながら、最後までしっかり取り組んでくれた。質問攻めにあって最初は戸惑ったと思うが、くじけずに付いて来てくれた。成長がはっきり見えるだけに嬉しい。

 

カリキュラムは「最近の新聞ニュースから」に始まり、4百字の読書リポートの朗読で本論に入る。締め括りは一週間の行動報告と同席する先輩社員へ五つの質問。90分の研修は受ける側にとって楽ではない。最後までゆるみがなく受け止めてくれた。来週は研修の報告と先輩社員とのQ&Aがある。その後囲炉裏テーブルを囲んで慰労会。

 

本日のテーマは「人は盟をかけ、志を立てるが肝要なり」。志を立てること、大きな目標を持つことの大切さについて具体的な事例を挙げながら伝えた。「望みは大きく、勤めは細やかに」の大切さを理解してもらえば幸いである。「禍福に門な」の理解はやや難しかったと思うが、その心掛けが人生を豊かにしてくれる。ほんとうにお疲れ様でした。