研修リポート

全体研修 2012② 大久保社員の巻 平成24年1月17日(火)

大久保社員の巻

新しく企画した研修計画がわが社にとって、吉と出るか凶と出るか分からない。下手をすると個人的な核心に触れられた経験がないだけに、絆を強くするどころかバラバラになるかもしれない。しかし、うまく行くと「逆転の発想」が生まれ、「新しい価値」を見出し、「高いビジョン」が掲げられるかもしれない。そう考えて踏み出した。

 

テーマが抽象的な個人の目標を裸にして実現への道筋をつける内容だけに、なあなあの体質にぐさりとメスを入れることにもなりかねない。幸いに空中分解しなければ、一体感が得られ一流のビジネスマンが誕生するかもしれない。そういう期待を持ってスタートした。進め方としては、一つでも多くの意見を集約する、出された課題は否定しない。

 

第一回目は大久保社員の①一級建築士の資格取得、②設計能力の向上。放置すれば目標を掲げたまま一年間を過ごし、年末になって「アッハッハッ」で終わるのがこれまでの悪しき慣習。目標実現の具体的工程表と期限をテキスト形式で提出してもらったので、まずここで考える。次いで全員に分かりやすく説明。更にQ&A、助言、問題共有と続く。

 

大久保社員の目標計画を全員が一行の文言ではなく、言葉と気持ちで知り得たことは大きい。計画達成に全社員から支援される可能性が生まれた。仕事の段取りや責任分担の明確化、それに支援体制などが加わる。現在抱えている課題を少しずつ明らかにしながら、先ずは理解・納得して共有する。時間は掛かるが決して回り道ではない。