研修リポート

全体研修 2014「業務改善」⑪ 平成26年2月5日(水)

2014「業務改善」⑪

時事問題の理解度を確認するため、橋下徹大阪市長の辞任問題について尋ねた。全体に理解力不足ではあるが、関心度は高いように受け止めた。大西さんはまっ たく知らないと言ったが、新聞やテレビのニュースなど見ていないのは不思議だ。その外の出来事についても無関心なテーマが多すぎる。もう少し世の中の動き について関心を持つべきだ。

 

先週の宿題について金本さんから報告がされた。①確認申請が出来なかったことについて。〇本人の能力を確認しないで肩書きを勝手に信じ込み任せた。途中経 過の確認や助言がまったくなされていない。②法的手続きが済んでいないのになぜ着工したのか。〇口頭で確認しただけで虚偽の報告を信じてしまった。当該工 事の経験不足による。

 

③法的手続きが済んでいないのを誰も知らなかったのか。〇電話のやり取りに無関心。日報の記載が曖昧。おたがいに日報に無関心。人の仕事に無関心。少しず つ社内の曖昧な部分が明らかになる。個人の責任に帰することではなく会社の仕組みにすべての責任があり、個人の無関心、無責任体質が助長した。など問題点 が明らかになり始めた。

 

責任は段階でいろいろ。①本人の能力を確認しないで任せた責任。②口頭のみで信じ込んだ責任。③能力不足を申告しなかった責任。④無関心に過ぎた周りの責 任。これらはシステムの改善と能力の養成で解決できる。まず指示命令系統を明確にする。(現状では誰に相談していいか分からない)問題点はそれぞれが理解 し、解決に持っていくことが必要。次回はもう一歩進め、具体的なシステムまで。