研修リポート

全体研修 2014「業務改善」㉑ 平成26年5月28日(水)

2014「業務改善」㉑

業務改善の研修は遅々として進んでいないように見えるが、至るところに変化が見えて有り難い。拙速よりも後帰りしない覚悟で進めている。本日の「一流を育てる」は〝自己紹介の出来る人から現場に行かせてもらえます〟自己紹介のやり方は朗読の通り。すかさず大西社員を指名。基本のやり方のようには出来なかったが、最後までできたのは進歩の証。

 

初めてのお客様に対するごあいさつが、全員礼儀正しくできているかどうか確認が必要だ。新人だけの問題ではない。基本動作は「ほうれんそう」の二回目。日常の行動はあいまいなことが多い。もう一度基本に戻ることが大切だ。特に指示命令系統の確認が必要。ルールに則って進めれば混乱は起きない。基本原則の取り決めと実施状況の確認が必要である。

 

久しぶりに日報の計画と実践について全員のチェックを行った。上司が正しい見本を見せなければ、部下はどうしても易しきに流れる。計画に数値と期限がなければ、計画の実践は結果オーライになり過ちを繰り返す。いい加減な明日の予定は仕事の質を落とす。しばらくは出来るまでチェックを繰り返したい。業務の改善は基本の徹底なしには進まない。

 

「大量行動」と「退社時間の厳守」は考えるきっかけになり、真剣に取り組んでいる姿が見られる(江原部長評価)。大西社員のセコムセールス研修は、内容はともかくとしてお客様への対応などに問題が多々あった。これから改善を即具体的に進める。実践すれば必ず改善のヒントがつかめる。そこから進歩が始まる。訪問活動も強制すれば数だけ追うことになる。それで習慣をつける。その上で成果を求める? 曖昧?