研修リポート

全体研修 2014「業務改善」⑲ 平成26年5月7日(水)

2014「業務改善」⑲

現在の営業戦略のテーマは「住まいの安全。暮らしの安心」。5月17日開催の「第8回・オレンジフェスタ」もテーマにそって企画されている。「暮らしの安心」を提供する商材として「セコムシステム」を販売する。担当は大西社員。これまで暮らしに対する安心の販売、システムの理解、お客様へのアプローチ、商談の進め方などを学んできた。

 

先週の研修ではロールプレイングでテストした。全体の評価は思ったよりいいと高い評価を得た。ロールプレイングをチェックしながら、疑似客以外の社員から改善点を指摘してもらった。お互いに意見を交換することで学び合いが出来る。10数項目の指摘があった。1週間でどれだけ進歩がみられるか確認のため2回目の研修を行ったが今一つ。

 

2回目だから見る目が厳しくなる。指摘も具体的になった。連休の後という気の緩みもあったと思うが、プロとしては不十分である。研修のためのロープレになっていないかという心構えの問題。お辞儀など礼儀作法の問題。基本的な言葉遣いの問題。商談の進め方のストーリー化。次回アポの取り方など技術的な問題。数々の改善点が指摘された。

 

次回はイベントの直前だから、実践に使えるところで求められる。当分の間は顧客を対象にして仕事を進める。これは気楽に練習するためではない。蓄積された資産(顧客)の活用である。決して甘えは許されない。紙芝居を使ったストーリー化が宿題として出された。それでどのように上達するか楽しみにしている。研修のための研修ではない。ビジネスに活用できる研修である。全員が必死で取り組む。