研修リポート

新入社員研修 商品-⑥ 住宅展示場 平成24年4月24日(火)

商品-⑥ 住宅展示場

留意してチェックしたところ。①キッチン。メーカー、カラー、ワークトップの材質。②トイレ。メーカー、内装材、広さ。③ユニットバス。メーカー、床壁のカラー、広さ。鏡の裏の照明は良かった。キッチンの標準高さを知った。5月からのトイレ営業に備えて、トイレ空間を重視して見た。各メーカーの長所をインプットし、お客様に提案する。(山田)

 

5棟を見学した。使っている商品は「商品研修」学んだものが多い。そのためインテリアを中心にチェックした。階段やリビングの照明を見るとき、商品研修での学びが生きる。一条工務店の展示場は自社製品を多く使用しており、他社に比べて和室が特に広い(16畳)。今回の見学で学んだインテリアをお客様への提案に盛り込める努力をする。(瀧本)

 

使用している木材や工法を中心に見た。耐震性をPRしており、その中でも一条工務店の説明はお客様に安心感を与える。工法も各種あり、外観で判断できるようになりたい。木材や建材の樹種や部材の名称は現場で覚えたい。間取り、外装、内装などは、それぞれ特色があった。ショールームや住宅展示場は、時間を作って再度訪問する予定だ。(山元)

 

着眼点や考え方は良くなった。リポートのまとめ方はすべてに共通するが、相手が分かりやすいようにまとめてもらいたい。お客様への提案も同様である。誤字、脱字、転換ミスには最新の注意が必要。どんなに内容が良くても見てもらわなくては価値がない。どうすれば自分の思いが相手に伝わるか。常に意識して取り組んで欲しい。お疲れ様。