研修リポート

新入社員研修 基本ー③「営業方針」 平成24年4月3日(火)

「営業方針」

 

難しいことだが常にお客様のことを第一に考える。満足が得られないとしたことの意味が失われます。マルコシは地域のお客様との距離を縮めることを目指していると分かりました。お客様と近くなるにはどうしたらよいか、訪問?はがき? 一つ一つ経験しながら、お客様のご意見をしっかり受け止められるようになりたいと思います。(山田)

 

研修で自覚した課題の一つが数字に強くなるということです。お客様との会話、上司との会話、すべて数字が出てきます。それがこなせないと話を進められません。もう一つは要約力です。分かりやすくまとめる技術です。それが出来ないとお客様の思いを引き出すことが出来ません。迷ったとき判断する物差しは「経営理念」だと教わりました。(瀧本)

 

マルコシは「地域密着型」の営業方針で「紹介客」をつくることを柱としている。自分以外はすべてお客様という考え方が大切だ。お客様との距離を縮める営業活動を学びました。お客様の考えを引き出すヒヤリング力、考える習慣を付ける、要約力が劣っていると自覚しました。研修中に少しでもレベルアップするよう努力します。(山元)

 

話して聞かせる研修はほとんど伝わらないことがよく分かった。それは能力が低いとか稚拙だということではなく、小さいころから考える習慣を教わらなかったせいだと思いたい。辛抱強く聞き出さなければ、研修にはならない。今日は「経営理念」「営業方針」がテーマだから話すウエイトが高かった。明日からはとことん聞いてみる。