研修リポート

新入社員研修 基本ー④ 「社員心得・Ⅰ」 平成24年4月4日(水)

「社員心得・Ⅰ」

仕事をしていく上で人の悪い部分を批判するのではなく、良いところを見つけて認めることが大切だ。苦手なお客さまでも避けていては距離が縮まらない。自分から積極的に話しかけることでよいところが見つかるかもしれない。少しでも相手を知ることを心がけ、より具体的な会話を心掛けます。あいまいなやりとりはしないようにします。(瀧本)

 

私の働く目的は、相手(お客様)を喜ばせ、笑顔が見たいからです。その目的が果たせたとき、達成感が味わえると思います。そのためには健康管理を第一とし、自ら学んで知識を増やします。聞き上手になることも大切だと学びました。私は考え方が未熟で、いろんな視点でものを見ることが出来ません。自分の頭で考える習慣を身につけます。(山田)

 

働く目的は「生きるため」に尽きます。そのためには健康であることが基本です。健康であれば仕事も出来るし、いろいろなことにチャレンジできます。今日の研修は新入社員がそれぞれテーマを受け持ち、ディスカッション方式で進められました。私は抽象的な言葉使いが多く、これから改めます。「数字で会話」が出来るよう心掛けます。(山元)

 

予習をして参加するよう指示しておいたので、それぞれ概略は理解しているという前提でテーマを担当してもらった。進め方は自由で、朗読よし、要約よし、質疑応答よし、時間は10分とした。それぞれの特性を見るには有効な方法だ。まとめ方、話の進め方、ポイントの掴み方、文章力、得意技が透けて見えた。誤らないように受け止めたい。