研修リポート

社会人としての習慣 平成23年4月4日(月)

社会人としての習慣

本日から新人研修がスタートした。研修担当としては忸怩たるものがあるが、金本・山野コンビより他に人材を育成できていない。気持ちの上では精いっぱいの思いはあるが、受ける方からすれば言い分もあるだろう。続いてこそ価値、社業に貢献しなんぼうの世界。途中でリタイアさせては、無駄遣いでしかない。今年こそはと決意を新たにしている。

 

弟一講は「経営理念」。早速の質問、ホームページを見たか、朝礼ではどんな話があったか、営業ミーティングの内容など。的確な答えは得られなかったが、質問があると解れば臨む心構えも違ってくるだろう。「理念」は生きていく上での「物差し」だと伝える。学生との社会人の違いは、習慣に変えること。嫌でもそうしなければ生きていけない。

 

第二講は「営業方針」。マーケティングの解説と市場の理解を求めたが、質問にはほとんど答えられない。少し予習をしておけば書いてあるから簡単だが、これからは多少勉強してくることを期待している。竹の子学園や清掃活動などの意味については初耳だったと思うが大切なことだ。現実に誰も教えてくれないことだから無理もない。

 

研修に限らず事前準備の重要性、ポイントを押さえた要約力、具体的な言葉のつなぎ、数字で語る技術など、難しいかもしれないが身に付けなければ生きられない。相談役の研修はこれから18回ある。人間としての生き方を学べば一生使える。できれば研修を通じて、大切なお金をどぶに捨てないようにしたい。真剣勝負の思いで取り組む。