研修リポート

新入社員研修 基本ー⑨「職場のエチケット・Ⅱ」 平成24年4月9日(月)

⑨「職場のエチケット・Ⅱ」

 

学んだことの一つ「自分の後始末は人にさせない。人の後始末は喜んでさせていただく」。エチケットを考える上での基本となる。何事も義務であってもよい。続けているうちに当たり前の習慣になる。そう認識した。楽しい仕事を待つのではなく、仕事を楽しいものに変える。そうすることで周りの人を巻き込み明るい会社にしていきたい。(瀧本)

 

「明元素ことば」と「暗病反ことば」の使い分けについて学んだ。明るく、元気、素直と言う言葉の括りで、自分の会話に取り入れる。今日もリーダー役を務めたが、問う、話すが的確でなく、相手が答えにくそうだった。瀧本さんは提案が上手で話しやすく聞きやすい。ただ感心するばかりでなく、自分も出来るように訓練して行きたい(山田)

 

エチケットとは[自分の後始末は人にさせない。人の後始末は喜んでさせていただく]ことだと学んだ。職場以外の世界でも基本だと受け止めた。会話では[暗病反ことば]を避けて[明元素ことば]を使うよう心掛けたい。それが相手を幸せにする。明るく、元気で、素直なことばを発することで、よい印象が得られると思う。(山元)

 

本日で基本研修の担当である1講~8講が終了した。伝える内容は変わらないが、進め方は新機軸を加えた。何事も基本は噛み砕いて具体的にすることが求められる。この部分に手抜きするとリタイアに直結する。これからはOJTなどの実践で先輩たちが基本に忠実であれば、仕事は楽しいものだと実感してくれるだろう。苦痛は何も生まない。