研修リポート

新入社員研修 基本ー⑧「職場のエチケット・Ⅰ」 平成24年4月9日(月)

⑧「職場のエチケット・Ⅰ」

 

「職場」という単語だけでは、社内やお客様と接する場所というイメージが強い。しかし、「エチケット」を深く考えていくと狭い範囲ではないことに及ぶ。先ず「職場」の理解について話し合う。誤りがよく理解できた。エチケットの基本は「クリーン」「セーフティ」「コミュニケーョン」「スピーディ」ある。毎日の実践での繰り返しが大切。(瀧本)

 

「職場」と「エチケット」を離して学んだ。まず「職場」とは広義の仕事をする場所、自宅を出てから戻るまで。「エチケット」は抽象的な考えしか思いつかず、機械に頼り過ぎて考えることをしなくなっていたと反省。ディズニーのコンセプト「C・S・C・S」ついてディスカッションした。会社の職場のエチケット」に繋がっている。(山元)

 

「職場」は社内のことだと思いがちだが、本当はそうではない。人と接する場所はすべて職場だと思う。場所は違っていても共通する「エチケット」は大切。四つの基本について話し合ったが、最後の一つが出てこなかった。反省。「クリーン」「セーフティ」「コミュニケーション」「スピーディ」の基本を軸に、戸別訪問活動などで生かしたい。(山田)

 

入社試験に出題したディズニーのコンセプト「C・S・C・S」を切り口としてディスカッションさせた。思いつく単語を列挙して正答に導く方法を採用した。思いがけず難渋し時間が掛かった。それでも何とか消去法で三つまで出来た。最後の一つはヒント過剰の結果による。考える習慣を持っていないから回り道をする。やがて障壁はなくなる。