研修リポート

全体研修 特-③ 『根のある生き方をする』 小山正さん 平成23年6月23日(木)

特-③ 『根のある生き方をする』 講師 小山 正さん

 

DSCF1297_copy

東日本大震災の爪あとを巡った体験談を、現場にいるほどの臨場感で伝えてもらった。視点が「小山流」なので学ぶところが多かった。たくさんの語録をいただいたが、メモが不十分で残念だ。それにしても小山正講師の迫力にはビックリした。圧倒された。生涯学習の席では見せない別の顔。一流企業で働き切った人はやっぱり違う。

 

「津波(災難)は次も来るかもしれないと用心する」。「備えがあっても憂うべき」。「結果は同じでもプロセスで安全度は違う」。「自分だけが助かっても生きられない。みんなが助かってこそ生きられる」。防潮堤の経験から「人を頼るからいけない。自分がどうするかが大切」。「何かを見てちょっとおかしいと気付く生き方をしたい」。

 

現役時代は「事務手順」を担当していた由。その経験からいま何をすべきか。行動の基準、善/悪、緩/急、軽/重」。「考察の基準。長/短、深/浅(厚/薄)、広/狭」。「勝つのは偶然が多いが、負けるのはすべて原因がある。勝利者の言に信なし」。「人間は自らの失敗、不幸、不出来、不始末からしか学べない」。せっかくのご縁だから、さらに学びたいもの。

 

「故郷を大切にし、根のある生き方をする」。「なぜ? という疑問、どうして? という興味が、真実を教えてくれる」。最後に白木町志路の歴史考察をしてもらった。光栄の至り。Q&Aにもー丁寧に対応してもらった。感謝!!

DSCF1300_copy