生涯学習・プラスワンステージ

第13期「生涯学習・広島学」④ ~平成24年12月26日(水)

「広島学」④

久し振りのフル参加でしたが、とにかく楽しい講座でした。その要因を考えてみました。①画像を使用しなかったので半田講師に集中できた。②導入が直近のニュースの提供だったが、単に伝えるだけでなく深掘りされていた。③問い掛けで全員が考え方を述べる機会が与えられた。④元就・広島テストの活用。知的好奇心を刺激され、広島を学べた。

 

2012.12.26hannda

 

広島テストは初級の16問までしか届きませんでしたが、雰囲気作り、参加スタイル、講師の笑顔などなど、全員が一つに溶けあえたように思います。地震予知の確率は地図が添えてあり、広島はほぼ安心できる土地と知りホッと一安心。それに「岩の上」の地名はいいですね。半田講師は多彩なウィングを広げておられるので中身が濃いですね。

 

2012.12.26hannda1

 

尾道の豪商の別宅から見つかった江戸後期の海上交易ルートは、いろいろなことを思い出させてくれます。子どものころ、丹那や楽々園は海岸にありました。特に楽々園は海水浴場があったのに、いつのまにか海が遠くに追いやられていました。神木の枯れる原因が人間にあったとは! 信じがたいですね。人間の強欲と非道さは怖い。

 

2012.12.26hannda2

 

半田講師は「元就・ひろしまテスト」に度々応募しているが採用してくれないとのこと。本日は初級30問、中級20問、上級10問、計60問が提供されましたが、残念ながら歯が立たない設問ばかり。ちょっぴり悔しいので、今日の刺激をチャンスに一歩前に進もうと思います。半数の欠席があり心配しましたが、寂しさを吹き飛ばされました。