生涯学習・プラスワンステージ

第13期「生涯学習・広島学」① ~平成24年9月26日(水)

「広島学」①

久し振りに半田講師の「広島学」を学ばせてもらいました。満席でにぎやかなこと。レベルの高い質疑応答なのに笑い声が響く。メンバーのみなさんは楽しく学んでおられることを実感しました。とてもいい雰囲気です。講師とメンバーの人柄が重なり合って醸し出しているからでしょう。本日のテーマは「広島の伝統的工芸品」。初めて知る事ばかり。

 

2012.9.26hannsa

 

経済産業大臣指定伝統的工芸品は五つあります。①熊野筆、②広島仏壇、③宮島細工、④福山琴、⑤川尻筆。薀蓄を聴きながら「熊野筆」は知っていましたが、それも歴史や工芸品としての価値には無頓着。堀川町に仏壇通があることは知っていましたが、まるで気にもならず「なぜ?」など考えたこともありません。「知らぬが仏」の世界です。

 

2012.9.26hannsa1

 

広島県指定伝統的工芸品。①一国斎高盛絵、②胴蟲、③矢野かもじ、④三次人形、⑤大竹手打刃物、⑥宮島焼、⑦戸河内刳物、⑧戸河内挽物、⑨備後絣。ただ一つ知っていたのは備後絣。それも名前を知っているというだけ。三次人形は半田講師のお母さんの誕生記念(大正14年製)の現物を見せてもらいました。何もかも驚くことばかりです。

 

2012.9.26hannsa2

 

「ザ・広島ブランド」は平成19年度より広島市長が認定しているとのこと。その制度には驚きましたが、このクラスの商品は日頃から親しんでいます。太田川のしじみ、猫島の広島菜漬、山豊の安藝紫、草津かき、徳川の広島風お好み焼きなどなど。認定品は食品54、工芸品。いやはやびっくり連続の90分でした。恐れ入りました。(岡元記)