生涯学習・プラスワンステージ

第13期「生涯学習・日本のことば」⑥ ~平成25年2月13日(水)~

「日本のことば」⑥

日常のビジネスで何気なく使っている言葉が、正しい日本語でないことが多く、それに気付かされる大切な講座です。できるだけ参加させていただき勉強しています。ちょっとした言葉遣いでお客様の信頼を失うことがあります。それは「知らない」からですが、「知らないことを知らない」自分の傲慢さから来ています。「知らないことを知る」。必須。

 

2013.3.13irikawa

 

①四字熟語、②身近な言葉の語源、③旬の言葉(2月)、④ちょっと気になる。順を追って講義があり、身近なことだけに質疑が飛び交いました。とても和やかな雰囲気の勉強会です。ちょっとしたテストがありましたが、残念ながらほとんど正答できずがっかりしながらも元気をもらいました。例。お求めやすい→お求めになりやすい。注意します。

 

2013.3.13irikawa1

 

身近なことばの語源を知っていると、誤った使い方をしないで済みます。例えば意味を尋ねられたとき、さりげなく解説できたら信頼度が違うと思います。私たち営業にとって「さぁ?」と答えられないのは恥かしいことです。「おざなり」と「なおざり」の微妙な違いに納得。「午の日」「恵方」なども正しく理解していると、使いやすくなります。

(山本麗子記)