生涯学習・プラスワンステージ

第14期「生涯学習・新・小山学」③ ~平成25年9月18日(水)

「新・小山学」③

生涯学習・プラスワンステージは8月が夏休みでした。午前のクラスは午前10時からですが、 30分前から講師も受講生も集合。とても賑やかでした。まるで新学期の始まりのような雰囲気です。本日の講座は古事記の解読。特に「日」は「太陽」を表しているのか、あるいは「人」を表しているのか。小山講師独特の薀蓄を傾けた情熱的な解説でした。

 

2013.9.18koyama (3)

 

「日」は「人」を表していると結論付けられたが、9㌻にも及ぶ研究の成果には驚かされまし た。古事記の原文を掲載し、一字一句を解説する。「大系」や「紀伝」の誤りを論破し、「小山学」の正当性に導く論理性には驚かされました。夏休みだからといい加減に過ごさず、研究に打ち込む姿勢の跡には感動すら覚えた。何が突き動かしているのか!

 

2013.9.18koyama (4)

 

 特に「大日如来」については、インターネットや広辞苑、それに大辞泉から詳しく引用してあっ たが、なんとなく意味することは理解できるが感想文を書く段階になってチンプンカンプン。分からなくなったので残念ながら割愛させてもらいます。話を聞いているときはテキストなどにメモして分かったつもりになっていたが、残念ながら「?」。

 

2013.9.18koyama (2)

 

 小山講座は午前と午後の2クラスあり、それぞれ満席になるほどの人気だが、内容よりも講師の 情熱にほだされるケースが多い。最近はメンバーの層もインテリさんが増えた感じがする。この熱気は何処から来るのだろうか。満足感は何から得られるのだろうか。よく考えてみると不可解な部分が多い。メンバーの満足顔を見るのが嬉しい。(岡元)