こころ豊かに生きる・人生講座

第15期人生講座「やさしい論語」12-A・B~平成27年1月27日(火)~

「やさしい論語」12-A

人生講座第15期のテーマは「安岡定子のやさしい論語」を選んだ。約60分にまとめられた10章句を安岡さんの解説を聞き、各章句を素読する。熟年者にはやや難解ではないかと心配したが、回を重ねるごとに知的好奇心の本能が目覚めのめりこんだ。学ぶ姿勢も真剣だったし、学びの発表も的を射ていた。もっと時間が欲しいほどだった。

 

2015.1.27jinsei (1)

 

本日のテーマは『よりよく生きるために』の10章句。心に残ったのは論語の最後の章句「孔子曰く、命を知らざれば、以て君子たること無きなり。礼を知らざれば、以て立つことなきなり。言を知らざれば、以て人を知ること無きなり」。「天命を知らなければ、君子たる資格がない。礼を知らなければ、世に立つことが出来ない。言葉を知らなければ、人を知ることが出来ない」と教えている。納得できる名言である。

 

2015.1.27jinsei (3)

 

他に「人にして遠き慮り無ければ、必ず近き憂有り」「利によりて行えば、恨み多し」「朝に道を聞けば、夕に死すとも可なり」「人能く道を弘む。道、弘むるに非ず」など比較的馴染みのある章句が多かった。言うは易し、行うは難し、というが、繰り返し学ぶことにより、いつの間にか行いが改まることは多い。これから極上の人生が開けるのではないか。

 

2015.1.27jinsei (2)

 

講座の途中から小畑ヤスコさん(88)、辻光乃さん(80)の参加があった。その学びの真摯な姿勢は若者たち(60代)の憧れの的になった。高齢化社会は避けることはできないが、超元気な高齢者の存在は地域を限りなく活性化させる。講座は12回のロングランだったが、各クラスのリーダーを務めた宮川洋太郎さん、入川実さんの功績は大きかった。感謝!

 

「やさしい論語」12-B

■本日の五七五

・時雨あと 葉先の真珠 陽に光る         菊子

・世界の目 金のなる木が ジパング

 

・春の雨 大粒の雨 今朝の雨           弘子

・蝋梅の 香り嬉しや 散歩道

 

・寒の餅 揚げ物にされ 胃袋へ          勝子

・春隣 目力強く 内祝い

 

・仁や恕を 学びて難し 睦月過ぐ          実

・仁と義を 読み違えたり 健さんと

 

・平和です 歳の差モラハラ 離婚です       不純斎

・大寒で ビールやめたが 酒が呼ぶ

・来場所は 大白鵬と 四股名変え

 

・氷雨 濡れる残花 春を待つ            道章

・日溜まりに 妻の散髪 愛を知る

 

・病室で 息も絶え絶え 雪を見る          伸雄

・意地を張り とんどに倒れ 足立たず

 

2015.1.27jinsei (4)  2015.1.27jinsei (6) 2015.1.27jinsei (5)

 

「安岡定子のやさしい論語」が終章。あっという間に6ヶ月、12章をしっかり学んだ。少し難解ではと心配したが、全員から合格点をもらいホッとする。それにしても学びは偉大である。知的好奇心の充足は人の心や行き方を豊かにする。