生涯学習・プラスワンステージ

第16期「生涯学習・古代への道」⑥ ~平成27年7月15日(水)

「古代への道」⑥

小山正講師の出勤はいつも早い。定刻の30分前から準備に余念がない。今朝は家宝を見て欲しいと呼び出しがあった。日本語の「谷」を「たに」と「や」に使っている地域を日本地図で分類すると、東日本(関東周辺)は「や」、近畿以西は「たに」と表現する。それが地図の上に見事に色分けされているのです。5年の歳月をかけた完成だから一入でしょう。

 

2015.7.15koyama (2)

 

小山さんは根っからのポジティブタイプでどんなときも愚痴を言葉にしません。見習いたいと思います。先ほどの地図を「家宝」と称されたのは、日本のどこにもない唯一のものだからです。本日7月15日は旧暦の5月15日(十六夜)になります。月の全く見えない日で「いざよい」の語源からスタート。日常の言葉を一つ掘り下げると日々が変わります。

 

2015.7.15koyama (3)

 

冒頭に紹介したように「谷」を「たに」と「や」に表音する地域の違いを日本地図で示されました。おおまかには伊勢湾(桑名市)から北東に、阿賀野川の河口(新潟市)を結ぶ線により住み分けしているとの説明。「谷」はもう二つの表音が存在、「はく」と「はさま」。研究はまだまだ続くそうです。一つのことに打ち込めるテーマをお持ちのことは羨ましい。

 

2015.7.15koyama (1)

 

「生涯学習」の8月は夏休みです。小山さんの講座は次回が記念すべき70講です。3月に古希を迎え一層張り切っておられます。70回は「お日さま」、71回は「お月さまとお星さま」、72回は「雨と雲」。平凡なテーマですが、小山学で掘り下げられると別の興味が湧いてきます。期待しています。「ことばの始まり」は不思議な思いです。(岡元美紀恵記)