こころ豊かに生きる・人生講座

新・人生講座「プロジェクトX」③ ~平成28年11月1日(火)~

「プロジェクトX」③男たち不屈のドラマ 瀬戸大橋

四国市民400万人と自らの家族のために力を尽くした男たちの不屈のドラマから学んだ。昭和30年5月、瀬戸内海で国鉄連絡船紫雲丸と第3宇高丸が衝突。沈没した紫雲丸に乗っていた修学旅行の児童100名を含む168名が犠牲となった。古くから海難事故が多発していた瀬戸内海でも、最悪の海難事故となった。町内にも多くの人が犠牲になっている。

 

2016-11-1purojekuto-1

 

この事故をきっかけに本州と四国を結ぶ「瀬戸大橋」の実現を求める声が高まった。四国市民の再三の陳情の末、昭和45年、ようやく国は計画を認め本州四国連絡橋公団が発足した。メンバーの一人から運営について意見が寄せられた。「交代で司会を務めながら、①内容の突っ込みや感想を全員に発言させる。②感動した個所、難解な箇所を全員に問う。③次回。

 

2016-11-1purojekuto-2

 

本四架橋は、その規模も難易度も前例のない工事である。地元の漁師との交渉、オイルショックによる着工の凍結。多くの困難の末、海中基礎工事は成功し、昭和63年「瀬戸大橋」は完成し、四国と本州は橋を通して一つになった。ドラマはその間の悪戦苦闘と成功への足跡を、分かりやすく伝えてくれた。「瀬戸大橋」は美しいが、海の下のドラマは見えない。

 

2016-11-1purojekuto-3

 

後半は浜本明男さんがリードしたが、架橋の苦労と共に「男の生き方」「橋と共に生きる」「偉大なる人生とは」など多くの感動が味わえた。浜本さんの巧みなリードで夫々が感動の場面や涙する場面など話した。それなりに受け止め方は異なるがいい勉強が出来た。浜本さんのおかげである。次回テーマは「コンビニを作った素人たち」、担当リーダーは田畑さん。