こころ豊かに生きる・人生講座

新・人生講座「昭和ニッポン 1億2千万人の映像」③ ~平成29年12月5日(火)~

③湯川博士のノーベル賞受賞と朝鮮戦争

新人生講座のリポートはしばらくお休みしていたが、今月から再開させていただく。昭和20年から24回にわたってニュースをまとめて見ながら、自分の経験した事柄を話す。人間は不思議な頭脳をしており、若いときの事柄を知らされると勝手に脳が若いときに戻る。今月は今村さんがまとめてリードして下さった。88歳になられるのにしっかり具合に驚く。

 

 

 

年末には友を誘って道後温泉に行かれるとか。まったく旅が出来ない私としては羨ましい。今日の昭和ニュースは「湯川博士のノーベル賞受賞」や「フジヤマのトビウオ」の世界新など、約60項目のニュースを知った。子供の頃のことだけに話には聞いていても映像を観るのは初めて。昭和25年の人口は8319万人とか。第1回の日本シリーズも開催。

 

 

 

今村さんは既に社会人として上京された年になる。他の人はまだ若いからこれからの出来事に関心が高い。なぜか相撲の話になった。これからどのように決着がつくのか興味が深い。天皇陛下の全国行脚については、それぞれ尊敬の念を深くした。日本人にとって天皇皇后両陛下はまさに「神様」である。譲位まではおそろいで健康に過ごされることをお祈りする。

 

 

 

1月は2日が第一火曜日だからお休みになる。第四巻は昭和26~27年のニュースを伝える。この時期は対日講和条約の調印、講和が成立した年でもある。第一回のプロ野球オールスター戦、第33回全国高校野球、皇太子の立太子礼などがニュースになった。パチンコの大ブームなど見近な話題も多い。日本は戦後の復興に向けて駆け足で姿を見せ始める。