生涯学習・プラスワンステージ

第15期「生涯学習・古代への道」⑥ ~平成27年1月21日(水)

「古代への道」⑥

新しい年に入っても熟年者のステージである「生涯学習」「人生講座」「歴史物語」「住まいの話」などの講座は好調に推移しています。一ヶ月の講座開催は11講座、いずれも満席の状態が続いています。特に「日本のしきたり」三島講師、「日本のことば」入川講師、「古代への道」小山講師、「広島学」半田講師、それぞれの熱意が実っています。

 

2015.1.21koyama (2)

 

本日は第15期「古代への道」第6講の開催日です。小山講師はご自身の講座のメンバーはもとより、すべての講座の参加者に年賀状を書き、講座のメンバーを増やすことに懸命の努力をしておられます。おかげさまで1ヶ月の延べ参加者数は120名を超え、高齢化社会へ一直線に進む地域に活力をもたらしています。感謝でいっぱい。(岡元美紀恵)

 

2015.1.21koyama (3)

 

本日の小山講座は時間前から教室は賑やかでした。和気藹々の雰囲気で満ちており、地域の新しいコミュニティを作り上げています。小山講師は相変わらず精力的でご自身で研究されている「古事記」の中から、新・小山学として正しい歴史認識を伝えておられます。その熱意はどこから来るのかと不思議に思えるほど、それだけでも学びです。

 

2015.1.21koyama (1)

 

本日のテーマは「かし(樫、柏)」です。「か(上)」ブラス「し(人)」の合成で出来た語で最上位者(支配者・親分)を表しています。「し」が人を表している例として自分のことを「あっし」「わし」と言うように、「あ(吾)」や「わ(我)」は自分自身を表しています。詳しいことは10頁に及ぶテキストに詳しく解説されています。(大西由貴記)