こころ豊かに生きる・人生講座

第11期人生講座 「ニッポンに詳しくなろう」③ー1 ~平成23年7月12日(火)~

「ニッポンに詳しくなろう」③-1

CIMG1858_copy志誌『ジャパニスト』をテキストにした「人生講座・ニッポンに詳しくなろう」は3期に入った。今回から9号を学ぶ。毎号「偉大な日本人列伝」からスタートし、担当講師は午前が半田和志さん、午後は入川実さんにお願いしている。今回は「文化は国の精花なり、岡倉天心」。両氏の分かりやすい講義で納得したが、残念ながら馴染みが薄かった。

 

講義に入る前に半田さんから、立教新座中学・高等学校、渡辺憲司校長の入学式のメッセージ「命二つ 中に生きたる 桜かな」が紹介された。朗読は平井時子さん。以前、紹介された「卒業式を中止した立教新座高校3年生の諸君へ」に次いでNHKラジオで放送され、大きな反響を呼んだ。子どもたちに鋭く命の意味を問うている。

 

CIMG1863_copy半田さんは「日本人の心と文化・「茶の本」と岡倉天心」の冊子を福井県教育委員会から取り寄せ、子供向けのテキストを切り口として語られた。入川さんは「岡倉天心のこころ」を切り口に、①日本文化の素晴らしさと心の拠りどころ、②美術の価値と信仰の対象の狭間、③「脱亜入欧」の風潮に対する防波堤から、岡倉天心の業績など教わった。

 

メンバーの大半は岡倉天心の名前を知っている程度の知識だから、びっくりすることばかり。大いに刺激を受けた。知的好奇心が満たされると、間違いなく老化の進行をストップできる。

CIMG1856_copy